ふみあとねっと (fumiato.net)

目先の甘い汁に飛びついて懲りました

タダより安いものはないと言いますが、最近はつくづくそれを痛感する私です。 一時期「価格破壊」という言葉がテレビでも広告でも流行っていました。 安いものを手に入れられるならそんなに得なことはない! と食いつく人も大勢いたと思います。私もその口でした。

しかし安い価格で提供されるには必ず理由があります。 中には赤字覚悟で日頃のご愛顧に感謝するという意味のものもあるかもしれませんが、ほとんどがそんな良心的な意味合いの低価格ではありません。

簡単に言うとカラクリがあるのです。 ましてやすぐに「無料」などという戦法を使う業者を今の私は個人的には全く信頼していません。

生姜紅茶で燃やす

生姜紅茶ダイエットで重要な役割を担う、生姜紅茶の上手な作り方はどのようなものでしょう。 沸騰したお湯で紅茶を作り、すりおろした生姜を小さじ1杯から2杯程度加え、蜂蜜や黒砂糖を少量加えるだけで出来上がりです。 生姜紅茶に入れる生姜は、生の生姜を使う方が風味が生きますが、より手軽に生姜紅茶を楽しみたいのであればチューブタイプの生姜でも十分です。

黒砂糖や蜂蜜を紅茶に入れると、紅茶の色が黒く変わります。 これは、蜂蜜や黒砂糖に鉄分が多いためです。 体内の代謝を活発にし、効率的なダイエットができる体質になるには、黒い紅茶が効果を発揮するといいます。

蜂蜜や黒砂糖には鉄分やミネラルが豊富含まれています。 生姜紅茶に加えて飲むことにより滋養強壮効果を高めることが出来るのでダイエット中の栄養不足を補う点でもお勧めです。

目安としては、生姜紅茶は1日に2杯〜6杯を飲むようにします。 ダイエット効果を促進するには、起きてすぐのモーニングティ、運動前や入浴前、間食代わりやのどの乾きを潤す時などで生姜紅茶を摂取します。

朝は体温が低く代謝も低いため体の目覚めさせるためにも生姜紅茶は最適な飲み物です。 体を動かす前や風呂に入る前に生姜紅茶を摂取することでより汗をかきやすくなり、脂肪の代謝促進やむくみ対応にも効果が期待できます。

半身浴などの前の生姜紅茶はより発汗作用が上がり、ダイエットだけでなくデトックス効果も期待できます。

集中力が持続するか心配

来月から仕事の関係で、パソコン教室に通うことになりました。 当然、費用は会社持ちでお昼代も特別に出してくれるという条件で喜んで話を受けました。 しかし、ちょっと心配なことがあります。

最近、勉強とはすっかり縁遠くなってしまっているので、5時間も集中力を持続できるかです。 一応、会社を代表していくのですから、教えてもらったことを皆に伝授しなくてはいけません。

ですから、授業中にしっかりと覚えてこなくてはいけないのです。 食べ物に釣られて、簡単に話を受けてしまいましたが、とりあえず頑張ってこようと思います。